In Her Shoes

✈︎✈︎✈︎ タイ・バンコクへ単身赴任中 ✈︎✈︎✈︎

【バンコク241日目】バンコク水事情&BRITA(ブリタ)浄水器のススメ 

皆さん、既にご存知のこととは思いますが、タイの水道水は飲めません。

コンビニやスーパーで購入できる水にはドリンキング・ウォーター(大体500ml 6THBくらいから)ミネラル・ウォーター(〃 9THBくらいから、エビアンなど輸入物は高め)の2種類があります。

 

日本から来て最初に苦労したのは水です。最初のうち、コンドミニアムの玄関フロアにあるドリンキング・ウォーター販売機から買ってたんですけどね。持ち運びも重たくて一苦労だし、野菜を洗うにもこのボトルをひっくり返さないといけないというのが億劫でなりませんでした。

いやぁ、日本で普通に水道から出るお水でじゃぶじゃぶ野菜やお米を洗っていられた環境、なんて恵まれていたんだろう、と思いましたね。

f:id:weddinatmandarin:20160531235725j:plain

 

というわけで、ずっとこの大型ボトルで階下まで水を汲みに行くわけにはいかない!と思い決意したのが浄水器の導入

バンコクでは結構有名かと思われるポルカドッツさんを、不動産会社から紹介していただき、以来こちらにお願いしています。

浄水器レンタル料は3ヶ月で2,700バーツ(@900バーツ)、3ヶ月ごとにフィルターの交換に来てくださいます。

毎回、日本語の出来るタイ人の方が来てくださり、なおかつとてもマナーがよく、毎回感心しています。


そして、飲み水、調理用水をさらに美味しくすべく、一時帰国時にAmazonで購入したのが、このBRITA(ブリタ)浄水器です。

何が変わったかって?

  • 水が甘くなった
  • コーヒーが美味しい
  • お米もふっくら美味しく炊けるようになった(気がする)
  • なにより安心して料理に使える

もちろんポルカドッツ浄水器だけでも十分なのです。でも、頻繁に飲むお水だからこそ身体が喜ぶ状態に近づけておきたい、と思ったのが導入のきっかけです。(当時Amazonで安かった、というのもポイント)

会社では、毎朝ドリンキング・ウォーターを購入し持参していたのですが、今では、水筒にブリタのお水を持って行ってます。ちょっとした節約にも、一役買ってくれています。

 

海外へ赴任される皆さん、ぜひ持っていくものリストにブリタの浄水器を加えてください!心からお勧めします。

 

 

BRITA(ブリタ)【日本仕様】 マクストラ用交換カートリッジ 3個セット

BRITA(ブリタ)【日本仕様】 マクストラ用交換カートリッジ 3個セット

 

 【過去記事】