【東京 54日目】私の悪い癖:人とくらべること

今日の記事は、独り言に近いので、もしご興味のない方はスルーしてください。 

Railway

【目次】

私は、いつも人と自分を比べてしまう癖がある

これまでの人生、比較的順調だと思ってた

30歳を目前にして結婚、その後間もなく、初めての海外駐在を経験し帰国。これから、夫との間に子供ができて、東京都内にマンションでも買って、それなりに恵まれた生活をするはずだった。この恵まれた状況に、ちょっと、優越感に浸っていた自分がいることは否定できない。

そして、まわりを見渡せば、友人もみな結婚し、家族を築き、着々と、「おとな」になっている。これがスタンダードだと思ってた。

けれど、突然「妻」というアイデンティティを失い、途方に暮れている私がいる。

友人の近況と自分のそれを比べて、「私なにやってるんだろ」って気分になる

友人らの近況を聞くと、

  • 夫婦共働きで、第一子を保育園に預け職場復帰した子
  • 子供はいないが間もなく起業する子
  • 結婚と同時に専業主婦になり、間もなく出産する子

など、みんな、順調そう。

気付けば、「あれ、私だけまた振り出しに戻ってる?(しかも歳だけとって)」っていう状態。

本当はもっと回り道していいはずなのに

異国から俯瞰的に見た日本は、「レールに乗っかった人生万歳な国だな」というイメージだった。30そこそこで結婚し、子供が生まれ、家を築き、親の介護をして…という人生のモデルを、TV・新聞・ファッション雑誌からも植え付けられている。アラサー、アラフォー、アラフィフ、アラ還はこうあるべき!っていうイメージが、いつの間にかみんなの頭にも出来上がってない?私も、今まではそのレールに乗っかっていたから、安心している部分があった。

いざ日本の外に出てみると、もっと多様な生き方を楽しんでいる人たちがたくさんいて、彼女たちから沢山の刺激をもらった。日本に帰っても、もうレールを踏み外すことを恐れないぞ、と思って帰国した。

ところが、今の私はどうだろう?早くも、レールから外れるのを怖がっている私がいる。年齢や経験にとらわれている自分がいる。どうしたものか。

そんなとき思い出すのがこの動画

同い年のバイリンガールちかちゃんのAge is just a numberの回。

それに、LIFE SHIFT(ライフ・シフト)で言われている100年人生がこれから到来するならば、私にはあと70年も残されている。


気にしないでやってみよう!Age is just a number!〔#551〕 

今日の記事は、自分の心情を吐露するためだけに書きました

独り言に付き合っていただいてありがとうございました。

ちょっとすっきりした。これからまだまだ悩むと思うけど、でも命取られるわけじゃないんだし!とポジティブに捉えていくことにする。

というわけで、うじうじタイム終了!おやすみ!!

広告を非表示にする