【バンコク279日目】わたしの本棚〜バンコク編〜

最近ブログ更新をサボっていました。書かなければ書かないでなんとかなるんだけど、やっぱりアウトプットの時間、自分の言葉を綴る時間って必要だな、とつくづく思います。

というわけで、今週のお題「わたしの本棚」に挑戦。

バンコク紀伊国屋にも日本の書籍が本当にたくさんありますが、残念ながら割高(1.2倍くらいかな?)ですので、欲しいな、と思った本はAmazonの買い物かごに入れておいて、一時帰国前まで自身の欲しいものリストに残っていた本をポチっと購入します。

前回帰国時(1月なのでかなり古いですが…)に購入した本はこちら。

f:id:weddinatmandarin:20160710102105j:plain

物語タイの歴史―微笑みの国の真実 (中公新書 1913)

物語タイの歴史―微笑みの国の真実 (中公新書 1913)

 

 「タイの歴史」は、やはりタイに住んでいるからには知っておいたほうがいいかな、と思い購入。まだ読んでいる最中です。  

大前研一 日本の論点2016〜17

大前研一 日本の論点2016〜17

 

 「日本の論点」は大分前に読了。大前さんの目の付け所はさすがだな、と、平凡な雇われ人である私は感心しながら読みました。ニュースで当書籍に取り上げられていた事柄が出てくると、おっ、と思います。自分のアンテナの幅を広げるためにいいのでは。

異文化理解力――相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養

異文化理解力――相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養

 

  これは面白かった。この本を題材にした読書会に参加するため、熟読した書籍のうちに入る一冊です。帯に「残念ながら、日本人の8割にこのビジネス書はいらない」とありますが、8割は言い過ぎかもネ。仕事で外国人と関わる機会がある人は、ぜひ読んでおいたほうがいいです。

タイ語レッスン 初級〈2〉 (マルチリンガルライブラリー)

タイ語レッスン 初級〈2〉 (マルチリンガルライブラリー)

 

 この本は何度も当ブログでも紹介してます。Skypeタイ語での使用教材。もうレッスン17まで進みました。 

weddinatmandarin.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする