In Her Shoes

✈︎✈︎✈︎ タイ・バンコクへ単身赴任中 ✈︎✈︎✈︎

【バンコク228日目】タイ語レッスン khít wâaとàat (cà)

タイ語オンラインレッスンを赴任と同時に始めて7ヶ月が経過。

ゆるゆる受けて、未だにテキスト2冊目半ばまでしか消化できていませんが、それでも続いています。

 

今日は、テキストから離れて雑談(タイの文化や、子供の頃の夢、職業をタイ語で言ってみたり)を25分間楽しみました。

 

今日のレッスンで一番勉強になったのが「たぶん」

普段、khít wâaを多用してしまう私、khít wâa = I think〜と教わっていたので、英語でいうところのProbablyとかMaybe, Perhapsはないもんかな、と思っておりました。

 

思い切って先生に質問したら、àat (cà)を教えてくださいました。

khít wâa(キットワー):〜と思う、たぶん

àat (cà)(アージャ):〜かもしれない、たぶん

khít wâaは前述の通り自分の考えが入る感じ。àat (cà) = I'm not sure but〜みたいな感覚で使うそうです。

 

うーむ。語彙力をもっと増やせばタイ語会話が楽しくなるかも、と予感した25分間でした。

 

今日はWisakha Bucha Day(ウィサカブーチャーデイ)、仏誕節といって、仏教徒が大半を占めるタイではとても大切な祝日。

お釈迦様が誕生し、悟りを開き、入滅した日、とのことで、タイでは朝早くからお寺に出向き、タンブン(徳を積む)するそうです。

 

そして、人によっては最重要情報かもしれませんが、禁酒日です・笑。

スーパー・コンビニはもちろん、どのレストラン、居酒屋でもアルコール飲料は販売してくれません。

私はあんまり大酒飲みじゃないので影響は受けていません。

 

3連休、たまには真面目にタイ語の勉強に時間を割こうかな。

www.japanese2thai.com


【関連記事】